工芸

*
工芸

テーブルウェアで意匠を獲得

京都深村はテーブルウェアで意匠を2つ所有しています。 1つは生八つ橋の形をした「生八つ橋皿」、もう1つはバウムクーヘンの形をした「バウムクーヘン皿」です。 世の中に三角形の形をしたお皿はたまに見ることがありますが、生八つ橋のような直角二等辺三角形のお皿は存在しませんでした。
またバウムクーヘン皿も同様、真ん中に穴の開いたお皿は存在しなかったのです。
食品に合わせた食器は多数存在します。サンマのような長い魚を置くための「サンマ皿」はいい例です。
しかしこれだけではあまり面白くないので、食品そのものの形をしたお皿を京都深村は考えました。 お皿を食品を置く道具としてだけではなく、見て楽しむ、そしてその楽しいお皿の存在により食品が更に美味しくなるよう考えてみました。

意匠を持つ「生八つ橋皿」と「バウムクーヘン皿」

生八つ橋皿-高山寺
生八つ橋皿-高山寺

京都深村は京都銘菓である生八つ橋を使用した「どら八ん」というお菓子を製造していますが、 京都の想い出に食べてなくなってしまう生八つ橋を、美味しさを引き立てる見た目の演出だけでなく、「形」として残していただけたらという思いも含めて「生八つ橋皿」 を作りました。陶器製の生八つ橋皿は京都伝統の清水焼です。

バウムクーヘン皿
バウムクーヘン皿

京都深村はバウムクーヘンの製造まではできませんが、バウムクーヘンの素材から見直し、自ら企画した バウムクーヘンの販売をしております。生八つ橋皿と同じく、バウムクーヘンを美味しく食べるために食器にも注目し、 穴の開いた「バウムクーヘン皿」を考えました。 どうして全国に数あるバウムクーヘン屋さんが考え出し、作り出さなかったのか、ありそうでなかったお皿となりました。 陶器製のバウムクーヘン皿は京都伝統の清水焼です。

「生八つ橋皿」の主な製品

生八つ橋皿-富士山
生八つ橋皿-高山寺

京都銘菓である生八つ橋は「富士山」の形に似ていることから、富士山型の生八つ橋皿を作りました。釉薬の違いにより、 味わいの変わる陶器は芸術そのものです。

生八つ橋皿-富士山(晋六)
サイズ:縦92ミリ×横162ミリ
重さ:150グラム
素材:陶器
釉薬:深緑釉
価格:3,300円(税込)
生八つ橋皿-象彦
生八つ橋皿-象彦

京都深村が京漆器「象彦」とコラボして作り上げた最高級漆器の銘々皿です。 総漆塗りで4カ月の月日をかけ漆を4層に塗り重ねています。鳥獣戯画の図案は金彩仕上げになっています。

生八つ橋皿-鳥獣戯画(象彦)
サイズ:縦95ミリ×横176ミリ
重さ:87グラム
素材:合板
塗装:総漆4層塗り
価格:24,200円(税込)
生八つ橋皿-鳥獣戯画-杉
生八つ橋皿-鳥獣戯画-杉

杉の銘々皿を生八つ橋型にしたのがこの製品です。お抹茶のおうすによく合います。

生八つ橋皿-鳥獣戯画6枚セット-杉
サイズ:縦93ミリ×横187ミリ
重さ(1枚):16グラム
素材:杉
焼き印
価格:6,600円(税込)

「バウムクーヘン皿」の主な製品

バウムクーヘン皿-陶器
バウムクーヘン皿-陶器

ホールのバウムクーヘンはホールのケーキとは違い、見た目が質素で単体ではお菓子として大きく重いので、陶器製の重厚なバウムクーヘン皿がよく似合います。 様々な釉薬で表現を楽しみ、また絵付けにより個性的な製品にもなります。美味しいバウムクーヘンとともに、バウムクーヘン皿も 楽しみたいものです。

バウムクーヘン皿-陶器(晋六)
サイズ:直径160ミリ、穴の直径44ミリ
重さ:296グラム
素材:陶器
釉薬:焼〆
価格:5,500円(税込)
バウムクーヘン皿-ひのき
バウムクーヘン皿-ひのき

ひのきを輪切りにし乾燥させた天然木のお皿です。割れにくい加工を施し、さらに水をこぼしても 吸収しないのでカビません。

バウムクーヘン皿-鳥獣戯画
サイズ:直径159ミリ、穴の直径40ミリ
重さ:68グラム
素材:ひのき
塗装:ラッカー
価格:8,140円(税込)

京都深村「工芸」情報一覧