サプリメント
ホーム > 妊活 > 妊活サプリメント マカエスペランサ 男女セットのみでの販売へ そして価格は男女セットで半額へ!

妊活サプリメント マカエスペランサ 男女セットのみでの販売へ そして価格は男女セットで半額へ!

妊活サプリメント マカエスペランサ

不妊症用サプリメント マカエスペランサ ディスカウント50%オフ!

「妊活サプリ」マカエスペランサ男性用を旦那さんにも摂取してもらうために

今となっては当たり前のペルーのマカを使用した「妊活サプリ」ですが、もともと京都深村の深村圭がペルーの医師と共同で開発し、現地ペルーで製造を20年前に始め、日本へ輸出したものが始まりです。マカを基剤に男女の機能別にビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合した画期的なサプリメントです。
マカエスペランサ 京都深村は、かつて不妊症用サプリメントと言われた「マカエスペランサ」を不妊治療クリニック、一般の不妊症の方々へ販売しており、その使用者の傾向を長年にわたり観察しているのですが、マカエスペランサが男性不妊、女性不妊にも対応しているにも関わらず、摂取(購入)の比率が男性1:女性9の割合なのです。
これは不妊症の夫婦にとって、男尊女卑が如実に表れている数字で、未だ不妊の原因は女性にあると勘違いしている男性がいるという表れでもあります。
不妊の原因は男性5:女性5です。ここでその原因は述べません。 マカエスペランサを開発から約20年も扱ってきて、たくさんの赤ちゃんの誕生に貢献したと自負しておりますが、本当はもっと産まれてていいのです。なぜなら、マカエスペランサを摂取する方の9割が女性のみだからです。
不妊治療においても旦那さんの非協力的な態度はご経験されていると思います。
マカエスペランサ そこで、無理矢理男性(旦那さん)にも摂取してもらうためにこの金額の張る「マカエスペランサ」を徹底的にコストダウンして男性用、女性用の2本セットで1本分の値段に改定しました。
そして今までのように女性のみ、男性のみでの単体での販売はしないことにしました。 「男女セットのみの販売です!」「旦那さんにも積極的にマカエスペランサを摂取していただきたいんです!」「奥さんがたいへん頑張っていらっしゃるので、旦那さんと一緒に摂取されたらどれほど妊娠の確率が高くなるのだろう?」と。
商品の品質はコストダウンすることなく、発送にポスト投函できる薄いアルミパックの包装(送料が安くなるだけでなく高価な容器も不必要)、同じ量を摂取するのであれば、カプセル剤の減数(カプセルの値段が半額)、それだけではいくらなんでも今までの半額にならないので、配送コストや取扱手数料等がどうしてもかかってしまう代理店は一切通さずに、患者さんへの直接販売、そして京都深村の企業努力で実現できました。

不妊症用サプリメント マカエスペランサ 不妊症用サプリメント マカエスペランサ

マカエスペランサ女性用
商品名 マカエスペランサ女性用
L-リジン 10mg
大豆イソフラボン 6mg
ビタミンC 40mg
ビタミンB1 0.6mg
ビタミンB2 0.8mg
ビタミンB6 1.2mg
ビタミンB12 1.2mg
ナイアシン 8mg
葉酸 100µg
マカ 240mg
プルラン 80mg(カプセル剤)
不妊症用サプリメント-マカエスペランサ女性用
マカエスペランサ 男性用
商品名 マカエスペランサ男性用
L-アルギニン 10mg
セレン酵母 30mg
ビタミンC 40mg
ビタミンB2 0.8mg
ビタミンB12 1.2mg
ナイアシン 8mg
マカ 170mg
プルラン 80mg(カプセル剤)
不妊症用サプリメント-マカエスペランサ女性用

「妊活サプリ」マカエスペランサとは

京都深村(前身ネイチャーベル)が2000年にペルーの不妊症専門医のラウル・アレグリア医師と共に開発した不妊症用サプリメント(現在薬事法では妊活サプリメントという表現が適切)で、マカを基剤にして、男女の機能別にビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合したサプリメントです。当時はペルー国内で製造し、日本へ輸出しておりました。
以下、2000年当時にラウル・アレグリア医師が「マカエスペランサ」の開発の必要性、開発の経緯を記したものが、マカエスペランサの紹介としてわかりやすいので掲示しておきます。


「不妊症に対するマカを使用した製品の開発」

ラウル・アレグリア
ペルー国立ギジェルモ・アルメナーラ・イリゴージェン病院産婦人科医師

1957年、ペルーリマ市生まれ。1985年、ペルー国立サンマルコス大学医学部卒業後、ペルー国立ギジェルモ・アルメナーラ・イリゴージェン病院へ外科医として入職。1994年より同病院にて産婦人科医として勤務。ラテンアメリカ不妊センターの医師でもあり、国立サンマルコス大学医学部及びリカルド・パルマ大学において胎生学及び遺伝学を教授。 最新の不妊治療に取り組む傍ら、健康的な妊娠を提供したいと望みマカを治療に取り入れる。 不妊治療医アレグリア医師
不妊治療においてマカは妊娠を促進させるのに大きな潜在力を秘めています。私の国、ペルーで産出するマカは、医学的にも認められつつあり、今後世界中でマカを併用した治療の流れができてくると思います。

不妊症は女性のみならず男性にも同様におこりえるもので、夫婦二人の問題です。 不妊症の原因となるものを特定するには、それぞれにおける過去の感染症、手術歴など不妊症以外での診療の履歴をさかのぼり検証する必要があります。不妊の要因となる症状を特定して治療を施し、またはその病状が改善された場合、マカを摂取することにより男女における妊娠の確率を飛躍的に高めることができます。

私の患者の多くの女性が夫婦共にマカを摂取することにより妊娠をしている、またはすでに出産を経験しています。私の患者の経過観察で、マカを摂取する女性の排卵する主席卵胞の育ちが非常によくなることがわかりました。これはエストロゲンの分泌を促す卵胞刺激ホルモンの機能が改善していることを示すもので、すなわち妊娠の可能性が飛躍的に高まることを意味します。不妊治療においては、これと同種の作用を及ぼすためにhMG(ヒト閉経性腺刺激ホルモン)やhCG(ヒト絨毛性腺刺激ホルモン)などを投与しますが、患者によってはOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を引き起こすなどの副作用があり、不妊治療を受ける女性にとってはリスクの大きいものとなります。

妊娠の可能性をさらに高めるためのマカの開発

受胎能力に大きな潜在力を持つマカの可能性をさらに高めるために、妊娠を望む夫婦に必要とされるビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合したマカを開発してはどうかという考えが浮かびました。子供に恵まれない夫婦が妊娠によいとされる多種多様のサプリメントを服用している現実を考え、妊娠の可能性を高めるビタミン・ミネラル・アミノ酸をマカに配合した製品を摂取することにより、マカのみの摂取の時よりも妊娠の確率を高くするという発想です。
この不妊症の改善を目的としたマカは、男性不妊、女性不妊と二つの製品からなり、男女の機能別にそれぞれ望ましいビタミン・ミネラル・アミノ酸を1日における必要摂取量に合わせ配合します。 ペルー国立アルメナーラ・イリゴージェン病院
私のアイデアに賛同して妊娠用サプリメントの製品化、製品の普及に努めていただくのが株式会社京都深村(前身ネイチャーベル)になります。

すでに妊娠の改善が認められているマカに、妊娠に有効であるとされるビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合することは、さらに妊娠の確率を高めるだけでなく、人間が本来持つ自然治癒力も手伝い、丈夫で活力のある身体へと変えていくでしょう。

そしてこの製品を開発し普及させる最大の目的は、不妊治療にかかる多大な治療費の削減と、リスクを伴わない健康的な妊娠をもたらすことにあります。

このようにして世界初のマカを使用した不妊症用サプリメント「マカエスペランサ」が誕生しました。


キーワード